海猿

 

海猿1

海猿1

 

 

昨日学校の図書館でふと借りた

 

海猿は元々ドラマとか映画では見てたな

B'zのOCEANがめちゃくちゃかっこいい

 

この前バンキシャ!で海保の学生が遠洋航海してたのを見て意識に海保が入っていたようで、つい手にとって借りてしまった

 

 

 

 

 

人生で初めて漫画読んで泣いた

 

 

自分でも驚いた

涙が溢れるとはああいうことだ

 

自分の性を知ったつもりで話すと、感情をなんの躊躇もなく揺さぶってくるようなモノには昔から弱い

 

まだ小学生の頃金曜ロードショーで観た「火垂るの墓」で思わず泣きそうになり、親の前で泣くのが恥ずかしかったのもあり、長い時間トイレにこもって泣いていた

 

「悔しい」とか「なんで報われないんだろう」というような描写があるとダメだね

 

フィクションだし誇張してる部分は必ずあるんだけれど、それでも他人事じゃない気がして

 

早速2巻からまとめて借ります

ガラナ - スキマスイッチ

 

 

最近体調は悪かないが心臓が高鳴って参っている
炎天下の後押しでもって僕のテンションは急上昇フルテンだ
勇気次第でもうさ、 距離なんか自由自在だって燃えている
キッスしたい唇狙ってターゲット絞って急接近してやるんだ!

 

"要は有言実行" ・・・出来るなら苦労はしねぇ
実際そうはいかんよ? 君を前にしちゃきっと固まってる

 

肝心なとこでいつだって臆病の虫が泣き出して
一歩前に踏み出せずに情けないぜ 何してんだ!
「伝わんないさ、どうせ無理だ」 って決め付けているその前に
カッコなんか気にしなくていいや この想いを止めるな!

 

 

大体なんにしたって中途半端 へらず口ばっか吠えている
一体全体欲しいものはなんだ? 優柔不断じゃ勝利なんかもう得られんぞ

もう何回恋してんの? 諦めて素通りして
消極的人格を飼いならしてないでここで脱ぎ捨てろ!


成功の影にいつだって憂いはつきものってもんだ
昨日と今日が雨ならば明日はきっと晴れ渡るや
二の足を踏んでちゃ無理だって脳ミソでは解っているのだ
結果ばっか考えなくていいや この想いよ曇るな!

 

完成した愛の延長線上には栄光と希望に満ちた楽園がある
追い求めた理想を現実に変えていくんだ
ビビるんじゃねーぞ エンジン全開だ!

 

肝心なことが何かって心臓の奥に問い質して
一歩前に踏み出したら今しかないぜ、叫ぶんだ!
最高潮の恋は熱く実って君の中で弾けるんだ
カッコなんかもうどうだっていいや この想いを止めるな!
この想いよ、負けるな!

 

 

 

 

......................................................

 

結構前の曲だけど最近よく聞いてます

 

告白のことを歌った曲だけど、違う捉え方してます

「大体なんにしたって中途半端 へらず口ばっか吠えている」

「肝心なことが何かって 心臓の奥に問い質して」

耳が痛い。。。

 

なにかものを買うときとか、予定を立てる時なにかと理由をつけて逃げています

 

取捨選択は確かに大事だけれど、初めから避けていてはつまらない人間になってしまいそう

 

結果的には遠回りになるかもしれないけれど、人より多く歩いたことはなんだか誇れることなのかもしれない

 

そんな風に考えさせてくれます

歌詞はもちろん、メロディも好きで、聞いてると元気でます

 

あとPVの女の子がひたすらかわいい

笑顔がめちゃくちゃ素敵です

もうちょっとカット多くしてほしい

というか踊りを全部みたい...

 

 

 

お久しぶりです

 

前回の記事がちょうど乗船前

 

ということであれからもう2ヶ月も経ってしまった

 

いやーいろいろありましたね笑

 

夏休みが終わって学校が始まりもう10月も終わろうとしています

 

海技士試験(船員になるための国家試験)も10月分がやっと終わり今は落ち着きました

 

最近あったことと言ったらSNSのアプリを消したことですかね

 

LINEは消すと色々と迷惑かけそうなのでそこは妥協しました

 

なんでこんなことしたかったっていうと急に承認欲求が、自己顕示欲がなんだか恥ずかしくなってしまったのです

 

今はまだ気になりますがそのうち気にもならなくなるでしょう

 

いっそアカウント消そうかな☺

 

消して早速効果があります

 

 

 

 

 

携帯を触る時間が減った

 

とてもいいことです

考える時間、勉強する時間が増えそうです

 

いろいろ書きたいこと溜まっているのでブログは続けていきます

あとで見返した時面白いもんね

 

では今週のガッキーで締めましょう
f:id:norisknomylife:20161026001526j:image

名曲

Music box 2

 

親の影響で80年代90年代の邦楽をよく聴いてきたせいか、いわゆる今どきの音楽にはあまりはまらない。

決して食わず嫌いというか、聞かずに嫌いと言っているわけではなく、そもそも嫌いとは言ってないのだが、まず曲を聞いてみて、その中には当然好みの曲もある。しかし大方数回、多くても数十回聴いているとそれは突然来る。

 

飽きる。

 

飽きてしまうのだ。そのメロディに、歌詞に、歌声に、雰囲気に。

なぜだろう。80,90年代のお気に入りの曲は何度聴いても飽きないのに。

 

すごく個人的な見解を述べる。何の根拠もないので悪しからず。

 

音楽は時代を映すともいう。

景気が良い、悪い、そんなのも実は関係しているんじゃないかと思う。

 

のびのびと、好き勝手やっても売れる時代と、大衆にウケるためにはどうしたらいいかを考えて売り込んでいく時代。

 

音楽は未知の領域なのでなんとも言えないが、メロディラインやビートなんかにも現れているんじゃないかな?

 

実家では”中島みゆき”,”槇原敬之”,”Bon Jovi”(邦楽じゃないけど!)”BOØWY”などなど聴いてました。

 

 

どんなときも。 - 槇原敬之

僕の背中は自分が 思うより正直かい?

誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ

旅立つ僕の為に ちかったあの夢は

古ぼけた教室の すみにおきざりのまま

あの泥だらけのスニーカーじゃ
追い越せないのは
電車でも時間でもなく
僕かもしれないけど

どんなときもどんなときも
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言えるきもち抱きしめてたい
どんなときもどんなときも
迷い探し続ける日々が
答えになること僕は知ってるから

 


もしも他の誰かを 知らずに傷つけても

絶対ゆずれない 夢が僕にはあるよ

“昔は良かったね”と いつも口にしながら

生きて行くのは 本当に嫌だから

消えたいくらい辛い気持ち
抱えていても
鏡の前笑ってみる
まだ平気みたいだよ

どんなときもどんなときも
ビルの間 きゅうくつそうに
落ちて行く夕陽に
焦る気持ち溶かして行こう
そしていつか誰かを愛し
その人を守れる強さを
自分の力に変えて行けるように

どんなときもどんなときも
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言えるきもち抱きしめてたい
どんなときもどんなときも
迷い探し続ける日々が
答えになること僕は知ってるから

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

往年の名曲。

槇原敬之自身が浪人中に作詞作曲したと聞いて、自分へのメッセージともとれるし納得が行く。

日本人の性格的に、というか現代社会では「好きなものは好き」「嫌いなものは嫌い」と言えない人が多いと思う。大方悪い意味で。自分もそうならないように気をつけていたつもりだったがいつしか染まっていた。

 

なんだかもやもやしている時に聴きたい1曲。

やや重めですが

残酷だなと思われるかもしれないが、人なんて簡単に死んでしまう

一歩家から出れば、命を脅かす危険ばかりだ
車、電車、殺人鬼...

それこそあなたにとって大事な人が今日死んでしまうかもしれないし、もちろん自分自身も

そう思うとなんか吹っ切れるというか、所詮人間なんて弱い生き物なんだなと思う


僕は延命治療というものをあまり好まない
人は死ぬ時は死ぬと思っているから

こんなこと書いていると、

ああ、病んでいるのか


なんて思われてしまうかもしれない

でもそうじゃなくて、僕は再認識したに過ぎないと思っている

この前祖父が亡くなり、つい数ヶ月前まで元気だった人がこんなにもやせ細って死んでいくのか、命はこんなにも脆いものなのかということを改めて思い知らされた

人は慣れてしまう

何気なく暮らしていることが当たり前になっている
それはある意味幸せなことなのかもしれないが、同時に平和ボケしているとも言える

今もこうしている内に内戦や紛争が絶えない

自分に何が出来るんだろうと考える

直接なにかすることは難しい
できることは、それらの事実を知り自分たちがいかに安全で平和な暮らしを過ごせているのかということを再認識することだと思う

だからこそ視野を広げていないといけないし、不幸や災いから目を背けてはいけない

War

あと二つ

テストも残すところあと二つ

 

 

書きたいこといっぱいあるので早く終わって欲しい

 

帰省していろいろ見つめ直す事見つかったしそこら辺も書きたい

 

 

時間は自分で創り出すもの。甘えていてはダメ