Colors - 宇多田ヒカル

ミラーが映し出す幻を気にしながら
いつの間にか速度上げてるのさ

どこへ行ってもいいと言われると
半端な願望には標識も全部灰色だ

炎の揺らめき 今宵も夢を描く
あなたの筆先 渇いていませんか

青い空が見えぬなら青い傘広げて
いいじゃないか キャンバスは君のもの
白い旗はあきらめた時にだけかざすの
今は真っ赤に 誘う闘牛士のように

カラーも色褪せる蛍光灯の下
白黒のチェスボードの上で君に出会った

僕らは一時 迷いながら寄り添って
あれから一月 憶えていますか

オレンジ色の夕日を隣で見てるだけで
よかったのにな 口は災いの元
黒い服は死者に祈る時にだけ着るの
わざと真っ赤に残したルージュの痕

もう自分には夢の無い絵しか描けないと言うなら
塗り潰してよ キャンバスを何度でも
白い旗はあきらめた時にだけかざすの
今の私はあなたの知らない色

 

 

”夢を描くあなたの筆先乾いていませんか”

この楽曲、そして宇多田ヒカルの素晴らしさを形容する言葉が見当たらないから、つい天才と言ってしまう

 

紅白歌合戦でるのかなも一つ楽しみ

一部の報道によると、出るとしても録画だそう

こういう話題が出てくると、いよいよ年末って感じ

この時期が一番好きだね、忙しない感じ

せっかちだからかな