肩書き

ついに次の土日をもって一つの肩書が終わろうとしている。

 

学園祭の実行委員会の会長だ。

 

後釜として入ったにもかかわらず、人数不足、その場の雰囲気、謎の責任感により会長職を受け持つことになった。

 

自分の理念でもある「人がやりたがらないことをやる」にもかなっていたので、やることにはしたがまったくもって勝手がわからない

 

それでも持ち前の勤勉さ()をもってなんとか仕事を全うした

 

引継ぎもいまいちできていないかったので、本当の意味で試行錯誤し、やってきた

 

この仕事のことを考えるだけで憂鬱になったときもあった

気分の悪さに苛まれることもあった

 

それもあと一週間で終わりである

 

あとから見たらいい経験だなと思うことはたくさんあるが、これもまたその一つであろう

 

冷静に考えて、学園祭の実行委員会の会長の仕事を生涯に経験する人間などごくわずかである

 

規模は違えどそれなりにいい経験ができたと思う

 

打ち上げが楽しみだな